新型コロナウイルス関連情報をご覧ください。

新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルス感染の場合等の対応について

 以下の場合は、直ちに学校(学級担任、部活動顧問、事務室等)にご連絡ください。

  • 生徒本人または同居家族が感染者になった。
  • 生徒本人または同居家族が濃厚接触者になった。
  • 生徒本人または同居家族がPCR検査等を受けた。

 保健所等の指示や状況に従って判断し、出席停止等の対応を取らせていただきます。

 保健所から学校には、個人情報保護の目的から、生徒に関する上記の情報は原則として一切提供されませんので、ご家庭の方からの迅速かつ自主的な情報共有をお願い致します。

警戒レベルの設定について

 本校では以下のように警戒レベルを設定しています。ご確認ください。

警戒レベル0

 新型コロナウイルス感染の恐れがなくなった状態。新型コロナウイルス感染拡大以前の生活。

警戒レベル1

 豊橋または近隣地域で新型コロナウイルス感染者の拡大が起きていないと判断されるが、感染拡大防止のための措置が必要な状態。

  • 毎朝、登校前に検温をし、風邪の症状がある場合は登校を控えて自宅で療養する。
    →PCR検査を受けたり、新型コロナウイルス感染が判明したりした場合は学校に連絡を!
  • 登下校時や在校時はマスクを付け、密集、密接、密閉を避ける。
    →同時に熱中症対策にも留意し、体育の授業等のときにはマスクを外す。
  • 登校後、教室に入る前に手指を消毒し、授業の合間や空き時間に積極的に手洗いをする。
  • 人との間隔を空け、会話や食事のときは相手の真正面を避ける。
  • こまめに換気をする。
  • 清掃の時間に、多くの人の手が触れる場所を消毒する。
  • 部活動・補習は、上記のことに注意しながら、通常通り行う。
警戒レベル2

 新型コロナウイルス感染者が豊橋または近隣地域で拡大している状態。

警戒レベル1の事項に加えて・・・

  • 毎朝、校舎に入る前に全生徒の検温を行い、高温(37.5℃以上)の場合は校舎内への入場を認めない。→帰宅し、高温が続くならば医療機関に連絡して診療を受けてください。
  • 多人数が一箇所に集まる行事は控える。
  • 部活動・補習については制限をして実施する。
警戒レベル3

 教職員・生徒に感染者が発生した状態。

  • 一定期間、学校、学年または学級を閉鎖とする。閉鎖期間は保健所等の指示に従うが、過去の事例から1~3日を想定している。保健所から休校等の指示が出ない場合もあり得る。
  • 該当箇所の消毒を行う。濃厚接触者がいる場合はPCR検査を促し、他に感染者がいないか確認する。
  • 長期の休校等となった場合は、オンライン授業に切り替える。
  • 休校等の期間の連絡・情報収集は、学校ホームページ、Twitter(@toyohashi_chuo)、Classi、緊急連絡メール等を活用する。

※令和3年2学期以降の追記

 1学期までは保健所からの指示に従い休校等を決定する方針でしたが、2学期以降、各学校で判断をするように指示されております。その際に用いる基準は、原則として、市内の小中学校が遵守する基準と同様のものとなります。条件付きではありますが、基本的には以下の通りとなります。

  • 学級内に新型コロナウイルス陽性者が2名以上出た場合、学級閉鎖
  • 学年内に学級閉鎖となった学級が2学級以上出た場合、学年閉鎖
  • 学校内に学年閉鎖となった学年が2学年以上出た場合、休校

 つまり、学級内に陽性者が1人のみの場合は通常通りの授業をするということになります。

 また、個人情報保護の観点から、陽性者を特定するような情報は学校からは出せないことになっておりますのでご了承ください。

豊橋中央高等学校 公式ウェブサイト
タイトルとURLをコピーしました