新型コロナウイルス関連情報をご覧ください。

制服紹介

 高校選びで気になるのは何と言っても制服。豊橋中央高等学校の制服を紹介します。

制服

※女子の冬の制服にはオプションでスラックスも用意しています。

 現在の制服の原型は、1997年、本校が共学化し、校名が豊橋中央高等学校に変更されたときに決まりました。デザインは、日本を代表するデザイナー、森英恵(ハナエモリ)氏です。

 冬服については、地域の方々から長く認識していただけるように、凜として、飽きの来ない、紺を基調としたデザインとしました。シャツとブラウスは、紺のジャケットと合わせて、ストライプとしました。女子のジャケットには背ベルトを取り入れることで、後ろ姿でも他校との違いを打ち出しています。

 女子の夏服については、衿をセーラーとし、スカートをチェック柄とすることで、冬服から大胆なイメージチェンジをしています。地域の方々からはかわいいと評判です。

 2007年以降、段階的にマイナーチェンジを繰り返し、現在の形に至っています。例えば、2011年には、ジャケットの素材を、ウール100%から、家庭でも手洗いができる素材(ウール70%、ポリエステル30%)に変更し、2014年には冬服ジャケットの胸などに付いているエンブレムを、高倉学園の紋章に変更しました。

 東三河地区で一番ハイセンスな制服を自負しています。

体操服

 令和4年度入学生から新デザインになりました。写真の用意ができ次第、掲載します。

豊橋中央高等学校 公式ウェブサイト
タイトルとURLをコピーしました