考査・検査

 本校で実施している定期試験や心理検査について紹介します。

定期考査

 1学期と2学期の2回、3学期に1回、年間5回、定期考査を実施します。

  1. 1学期中間考査(5月中旬)
  2. 1学期期末考査(7月上旬)
  3. 2学期中間考査(10月中旬)
  4. 2学期期末考査(12月上旬)
  5. 学年末考査(1学年:2月下旬、2学年:2月中旬、3学年:1月中旬)

 各学期(10段階評価)および学年末(5段階評価)の成績は、これらの定期考査の点数(100点満点)により、大部分が決定します。教科によって割合は異なりますが、毎日の授業での取り組み、授業中に実施する小テスト、課題の提出状況なども成績に加味されます。

実力テスト

 3年間を通して9回、実力テストを実施しています。実施するテストは、ベネッセコーポレーションの基礎力診断テストと実力診断テストになります。実施教科は、国語、数学、英語の3教科です。

  1. 1学年4月:基礎力診断テスト(マーク式)
  2. 1学年7月:基礎力診断テスト(マーク式)
  3. 1学年12月:基礎力診断テスト(マーク式)
  4. 1学年1月:実力診断テスト(記述式)
  5. 2学年4月:基礎力診断テスト(マーク式)
  6. 2学年7月:基礎力診断テスト(マーク式)
  7. 2学年12月:基礎力診断テスト(マーク式)
  8. 2学年1月:実力診断テスト(記述式)
  9. 3学年4月:基礎力診断テスト(マーク式)

 実力テストの成績はGTZという指標で示されます。GTZとは、ベネッセコーポレーションが定めた学力到達ゾーンの略で、S1~D3まで15段階評価となっています。基礎力診断テストと実力診断テストで計れるのはA1~D3までの12段階評価です。以下、個票の見方とGTZの各段階の実力についてまとめたスライドです。

 GTZは、大学進学時や就職時の学校長推薦の基準となります。GTZが低いままの生徒には学校長推薦が出ませんので、注意してください。

【重要】基礎力診断テストで高得点を取るには

 基礎力診断テストの前には「One Weekトライアル」という事前学習教材が配布されます。「One Weekトライアル」に何度も取り組むことで、基礎力診断テストでは高得点が狙えます。また、アプリ「Classi学習動画」には基礎力診断テスト向けの教材が入っていますので、有効活用すると、A1も夢ではありません。

クレペリン検査

 毎年4月に全校生徒がクレペリン検査を受けます。クレペリン検査とは、20世紀の初頭にドイツの精神医学者エミール・クレペリン博士が発見した理論を元に、日本の心理学者内田勇三郎博士が完成させた心理検査「内田クレペリン精神検査」のことです。内田博士が創設した日本・精神技術研究所が実施しています。

 人は単純な作業を続けて行くとその効率が変化しますが、それをグラフ化した物を作業曲線と呼びます。この作業曲線は個人の精神・心理的な特徴と関係しており、それを調べるのがクレペリン検査です。

 受検者が検査で行うのは、隣り合う数字の合計の下1桁を、その数字の間に書き込んで行くだけです。

 クレペリン検査は人間の2つの特徴――能力の特徴と性格や行動面の特徴――を1つの検査で測定することができる検査です。

 能力の特徴は、作業効率、作業のテンポ、間違いなく作業を行えるかどうかです。

 一方、性格や行動面での特徴は3つに分かれます。仕事のスタートダッシュが効くかどうかという「発動性」、課題の変化に対する対応力などを見る「可変性」、仕事に対する勢いの強さを見る「亢進(こうしん)性」です。

発動性

 発動性が強いと慣れが早く、素直に仕事に取り組める一方で、先走り気味で軽はずみになりがちです。逆にこれが弱いと、手堅く自主的である一方、より好みが強く内向的である面があります。

可変性

 可変性が強いと機転が利いて柔軟である一方、むらっ気があって感情的になりがちです。逆にこれが弱いと、地道で粘り強い一方、融通や機転が利かない面があります。

亢進(こうしん)性

 亢進性が強いと行動的で頑張る一方、強引で無理をしがちになります。逆にこれが弱いと、温和で穏やかである一方、受動的で持続性が乏しくなります。

 能力に関しては、一定以上のレベルであれば問題ないものの、性格や行動面の3つの特徴は、強ければ良い、弱ければ良いという物ではありません。

 クレペリン検査は、一人ひとりの生徒がどのような特徴を持っているか理解し、主に学級担任が円滑なクラス運営の一助とするために実施しています。

hyper-QU

 毎年5月と10月に全校生徒がhyper-QUを受けます。

 hype-QUは、学校生活における生徒の意欲や満足感、および学級集団の状態を質問紙によって測定する心理テストです。1994年に早稲田大学の河村茂雄教授によって開発されました。

 hyper-QUを実施・活用することで、学校・学級生活への不適応、不登校、いじめ被害の可能性の高い子どもを早期に発見でき、学級集団の崩壊の可能性を的確に推測できます。

 年に2回実施することで、生徒の心理状態や学級集団の状況を把握し、主に学級担任が円滑な学級運営の一助とするために実施しています。

タイトルとURLをコピーしました