学校の標章

 高倉学園や豊橋中央高等学校のアイデンティティやシンボルとなる標章の数々をご紹介します。

高倉学園紋章

高倉学園紋章

高倉学園紋章簡略版

The coat of arms of TAKAKURA GAKUEN

【色】

緑(萌黄)

高倉学園のスクールカラー。鮮やかな黄緑色系統の色。春に萌え出る草の芽をあらわす色。

2つのものを合わせた中庸を示す色。建学の精神の中の「知性と情操」や「勤労と責任」を表しています。

【兜】

王のヘルメット

大正13年に高倉氏が創立し、以降代々校長として学園を受継ぎ、運営してきたことを意味しています。

【兜飾り】

パテラ(杯)

古代ローマの女神「コンコルディア」の象徴物。「女神に見守られている」意味を持ちます。

【盾の中のアイテム】

トンボ

調和・純粋・強さを表している。限られた期間を有為に生き、成長により姿を変え進化する様を高校生活と重ねています。

アカツメクサ

誠実・勤勉・友情・実直・善良を表しています。

TG

高倉学園 (Takakura Gakuen) の頭文字。

ちぎり

豊橋市のマーク。

【モットー】

CONCORDIA

「コンコルディア」は古代ローマの協調・相互理解・調和の女神であり、ギリシャ神話の「ハルモニア」と対応しています。高倉学園が基調としている「相互和親の精神、すなわち『和親』、『和協』、『和楽』」をラテン語の一単語で表しています。

校旗・校章

校章

 両側は年輪を示し生成発展を表します。

 中央千切は豊橋市章であり、本校の建学の精神「和」を表します。

校旗

 中心に校章があしらわれています。

スクールカラー

 豊橋中央高等学校のスクールカラーは萌黄色です。

豊橋中央高等学校 公式ウェブサイト
タイトルとURLをコピーしました